上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも周りばかりを見ていた。

周りを見て焦り
周りを見て自分を見失い
周りを見て落ち込んでいた。

自分に必要なものは
全て前に落ちているのに。

人間とは知らずうちに
余計なものを見たり聞いたりして
我を見失おうとする。

人間は大切なモノを失って
初めて間違いに気付く生き物なんだ。

自分の見るべき場所は
周りではなく
全て前に落ちているものだ。

自分の進む道は
右でも左もなく
常に前にあるものなんだ。
スポンサーサイト
それは寒い屋台の下で
暖かいラーメンを啜っている時でも
何処からともなく
助ける求める声が
聞こえるんだ。
聞こえてしまうんだ。

それはホームの片隅で
電車待ちをしている時でも
誰かが僕を呼んでいる。
助けを求める場面が
見えるんだ。
見えしまうんだ。

いつだってそうさ。
僕に休みはない。

それがお風呂に入っている時でも
それが仕事中の時でも
どんな時でも助ける声が聞こえれば
いつだってそこへ出向くんだ。

小さな事から大きな事まで
困った人は助けなきゃいけない。

そう
それが僕の使命なんだ。


僕は正義の味方。
明るい未来が続くように
僕は何処からともなく現れる。
恒例の職場内の誕生日会食。
今回は寒くなってきたので鍋にしよーってことで。
前から気になっていた店があるということなんだけど、その店の名前は「ベルサイユの豚」。
よく考えたな・・・
ちなみにHPはここです

まずエレベーターから降りると正面に素晴らしい絵画が。
P1000108.jpg

ちょ、マリーアントワネットが豚かかえてるよ。Σ(´Д`lll)

そしてその脇のガラス越しには厨房が見える感じ。
P1000109.jpg
豚の人形がカワイイ。

あらかじめ予約して宮殿コースというものを食べたんだけど、あまり期待せずに行ったけど意外と美味かった。
クーポン券利用で値段も1人コース+飲み放題で3750円だったので、かなりリーズナブル。
食事に夢中で写真とかすっかり撮り忘れていたんだけど、特に美味しかったのは豆腐の揚げ出しと味噌チゲ鍋。
特に揚げ出しは、関西風だし汁を使ったような味わいで俺好みでした。


肉料理のお店なので、今度来るときは単品の物を色々食べて見たいと感じた店でした。
きみは春が嫌いだと言った。
つらい記憶が蘇るからだと。

ぼくは春が好きだと言った。
何かが変わる季節だから。

きみの笑顔が曇った。


ぼくは春が好きだった。
何かが終わって
何かが始まる季節だから。

新しい何かが始まれば
きっと気持ちも入れ替わり
新しい何かが芽生えるはずだから。

そうさ
春はいつだって

何かが終わって
何かが始まる季節だから。
P1000104.jpg



たまに早起きすると食べたくなる。


温かいコーヒーと


ソーセージマフィンをかぶりつき


今日も僕の1日が始まる。
P1000098.jpg



夕焼けは例えるならば


せつなさや悲しさ


寂しさや儚さ


そして別れを連想させるもの。





以下、拍手レス
P1000102.jpg


某所の首都高の高架下から撮ったもの。
何かハンガーが掛かってるんですけどー。
地上からは10mくらいあるし、首都高の下は川だし。
投げ捨てたにしてもうまく引っかかりすぎ。
いったい誰の仕業なんでしょかね。
東京七不思議。(違
貴女が居たからです。

貴女がそばに居てくれたから
僕は寄り添うことが出来た。
貴女が笑顔をくれたから
僕も笑みを返すことが出来た。

でも
お互い縛られた生活をするのは
望みじゃなかったんだよね。

僕らは似たタイプの人間だ。
だから
貴女の考えも手にとるようにわかってた。

自らで考え
自ら選択して
僕らは
お互い新たな道を切り開いた。

僕は

貴女との過ぎし日々を胸に
己の道を切り開く。

いつか
きっと

出会った貴女に
恩返しが出来るように。
P1000086.jpg



秋空の午後

地面に背を向けて

上を見上げれば

晴天の空。
マクドナルドの復活バーガー「チキンタツタ」。
どうやら売り行き絶好調らしく、予定の5日前倒しで終わるそうだ。
というわけで、今夜はマックが夜飯でした。
こういうのはあんまり夜飯にしたくなかったんだけど・・・まぁ仕方ないか。
雨が降っても
風が吹いても
雪が降っても
雷が鳴っても
僕は毎日突き進む。

時にはよろめき
時には転び
時には寄り道をすることもあるけれど
それでも
いつかはあの場所に辿り着けると
我武者羅に突き進む。



でもね。

あくまでもマイペースなんだ。
じゃないと自分が自分で無くなるから。
部屋の椅子を買い換えました。
いい加減パイプ椅子じゃ尾骶骨に響くんだ。(´・ω・`)
ただでさえ腰痛いのに。
という訳で、サイトで探して買いました。
組み立てていざ完成すると俺の部屋じゃ結構でかく感じて、部屋のスペースがさらに狭くなった感が。w
まぁでもすわり心地は全然ok。
背もたれも80度くらいもたれられるので、そのまま寝ちゃいそうな勢いです。
「もう、会えなくなるね。」

そう言いながらキミは微笑んだ。

「もう少し、手握っていてもいい?」

そう言いながらキミは泣きじゃくった。

キミは僕の前から
そしてこの場から去ってしまうだろう。
ここではもう会えなくなるけど
だけど約束しよう。
彼方の時代で
僕らはまた再会するんだと。

キミは僕の前から消えるけど
心の中のキミは永遠に消えないんだ。

だから約束しよう。
次の未来で
必ず再会することを。
プロフィール
ネームの由来はパチスロ機種名より

faust

  • Author:faust
  • スタイルにこだわらず、日常を自由気ままに書いてます。
    仕事から趣味的なことまで色々です。(・ω・)
    新規コメント等歓迎です。
    リンクを貼って頂ける場合は、一言頂けるととても嬉しいです。
Flashカレンダー
記事別ランキング
ブログランキング
ブログ村
blogram
blogram投票ボタン
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。